アニメーションは匠の魂で作ります。
アニメーションは「匠」の作業によく比喩されます。 ほとんどの作業が手で成していくのもそうですし、アニメーションの人力養成の長い慣行としていた 「徒弟」制度などもそうですし、定型化パタンに近づくほど高級の記述で見なす作業慣習も相です。 よって、アニメーションをするというのはどの職業よりも忍耐が必要な仕事です。

一定の水準の記述に辿りつくための熱情と絶えない努力が必要な仕事です。 その故で、アニメーションを作るとするとこのような匠の魂を持ったアニメーターたちが作りださなければ案リマ船。 これはまさにDRムービーのアニメーションに対しての哲学にもなります。

DRムービーには多くの匠のアニメーターたちが仕事をしている所です。
よいアイディアほどよく作る技術も必要です。
アニメーション及びエンタテインメント・コンテンツを作ることにあって一番重要にするべきことはもちろん「創意力」と思います。しかし現時点の韓国アニメーションでは「よいアイディア」ほど「よく作る技術」を協調するべきだと思います。どうしてかというと今までは韓国アニメーションは諸費者に「よく作る」ことに対しての確信を信じさせられませんでしたのでです。

DRムービーは「よいアイディア」を"よく作りだす" 自信を持っている会社です。
アニメーション・エンタテインメントの新しい通念を作ります。
DRムービーは過去10年の間、「よく作る技術」を蓄積するために投資してきまして、その結果、業界が認定する「技術的成功事例」を作りました。DRは今、その技術のノーハウをベースに今後10年を目標に「よいアイディア」で「自体コンテンツ開発」の成功事例に挑戦します。DRムービーはあの期間を通じて「自己の色で新しいクリエーティブの政界を開拓」して究極の目的としては「面白くよく作ること」に対してアニメーション・エンタテインメントの新しい通念を樹立します。